カードローンとキャッシングの違い

difference

カードローンとは?

大きな買い物をするときに使用する融資をローンと言いますが、目的を持たず融資を受けることが出来るサービスをカードローンと言います。

カードを使い、ATMでお金を借りることや口座振り込みによる融資を受けることをカードローンと言いますが、一番の特徴は「一括払いではない」ということ。多くのカードローンが分割払い、またはリボルビング払いでの返済となっています。

カードローンを行っているところは、銀行や消費者金融ですが、クレジットカード会社にもカードローンというサービスがあります。

これはクレジットカードのキャッシングとは違い、カードローンサービスとして行っているものであり、会社によって定義も違ってきます。

共通している特徴は、返済方法や担保や保証が必要ないという点です。

カードローンとキャッシングは何が違うの?

クレジットカードでお金を借りる手段として、キャッシングというものがありますが、カードローンサービスを行っている会社もあります。

違いに明確な定義はありませんが、キャッシングは通常、「ATMで融資を受け取る」「翌月一括払いで返済」と2つの特徴がありました。ですが、最近ではクレジットカード会社によって、キャッシングでもリボルビング支払や分割払いを行っているところがあります。

無担保や無保証という点はどちらも同じです。

あくまで、「会社によって違う」と考えて下さい。例えば、返済方法・年会費・延滞利息・金利、などキャッシングとカードローンは、会社を比較してみなければ違いがわかりません。銀行系カードローンとクレジットカードに付帯しているキャッシングを比べるとよくわかりますが、銀行系カードローンの金利は最低金利が4%なのに対し、クレジットカードのキャッシングは実際18%と定着してしまっているのが現状です。

クレジットカードと銀行系カードローンの金利

どんな人がどちらを利用するといいの?

真っ先に言えることは、普段からクレジットカードを利用している方で少額の融資を希望する方は、キャッシング機能がついたクレジットカードを持っておくと便利です。

ですがクレジットカードは持つだけでも「年会費」がかかるところもありますし、金利も高ければ限度額も低い。

高額融資を希望される方や無駄な出費を無くしたい方にはカードローンがおすすめです。

「どうしても大きなお金が今すぐ必要だ」と考えている方がクレジットカードを申し込んでキャッシングを希望しても、将来的に得にはならないというわけです。

今ではクレジットカードも分割払いやリボ払いが定着していますから、損得を考えて選ばないと大きな損をすることになります。

融資額によってクレジットカードかカードローンかに分かれます

関連記事

ページ上部へ戻る