キャッシングの限度額について

limitation

キャッシング枠とは?

クレジットカードには必ず「ショッピング枠」というものがついています。ショッピング枠内での買い物や利用が出来て、お得に活用していく、それがクレジットカードです。ショッピング枠には限度額というものがあり、限度額内で毎月利用ができます。

キャッシング枠とは、クレジットカードのショッピング枠とは別に付帯する限度額のことで、お金を借りることを目的としたもの。クレジットカード会社から現金融資を受けることが出来る限度額ですから、消費者金融のカードローンやキャッシングと大差はありません。

クレジットカードに付帯しているキャッシングにも必ず限度額が設定されています。この限度額はショッピング枠に大きく関係しています。通常ショッピング枠とキャッシング枠が設定されているカードでは、「ショッピング枠10万円(内キャッシング枠5万円)」というように、ショッピング内での利用として決められています。

ショッピング枠を10万円利用すれば、借り入れができなくなります。反対にキャッシング枠を最大まで利用すれば、ショッピング枠は5万円に減ってしまうということです。返済時にもショッピング枠とキャッシング枠は個別として計算され、請求されます。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係の

クレジットカードのキャッシングは「総量規制対象内」です。総量規制対象内といえば年収の3分の1までしか借り入れができません。ですから、いくら借り入れ枠がついたからと言っても年収に応じた最大限度額が設定されます。最初から年収の3分の1で設定されるのではなく、審査によって決められてしまうのでそれよりも少額の枠になるでしょう。

キャッシング枠は増額可能です。増額する際には都度審査を受ける必要がありますが、クレジットカードの限度額はもともと、「クレジットカードを利用している限り増える」ことが予測できます。使用し続けていればキャッシング枠が勝手に増額される可能性もあるのです。

総量規制について

審査条件について

クレジットカードはそもそも、「お金を借りるために持つ」ものではありません。街中での利用を考え持つべきものですから、借入れを希望すると審査も厳しくなります。クレジットカードヒストリーという言葉があるように、長年利用してこそ、キャッシング枠を付けても良いであろうという信頼関係を築くことが出来るのです。キャッシング枠の審査は、カード利用者の返済能力や今後の利用を見据えて付帯されるものだと考えましょう。

総量規制内ですから、他にカードローンを利用していたらクレジットカードでの借り入れは難しいですね。ですが、銀行系カードローンなど総量規制外の借り入れがある場合は、審査に影響することはありません。ただ、どうしてもクレジットカードを持ちたいのであれば下手に借り入れを希望せずに申し込んだ方が、通りやすいといわれているのも事実です。

キャッシング機能の後付け

キャッシング機能はクレジットカードに後付けをすることが可能です。例えば以前からクレジットカードを持っていて、融資枠が欲しいと思えば申し込んで審査を経て、限度額が設定され次第いつでも利用することが出来ます。増額も可能ですから、利用したいと思えばつければ良いだけ。

実はクレジットカードのキャッシング枠は、最初からなくすことも可能です。使わないと思ったら消しておく、使いたいときに使えるようにする。カードローンよりも手軽に利用できる借入れサービスだといえますね。

関連記事

ページ上部へ戻る