学生もキャッシングできる?

student

学生キャッシングの審査基準

学生でも借り入れができるカードは数多く存在しています。

ですが身近で手軽に利用できるカードといえばクレジットカード。ショッピングで利用するものですがキャッシング機能がついたカードであればだれでもキャッシングが利用できます。

20歳未満は親権者の同意が必要です。

20歳以上であれば安定した収入さえあえば申し込みが可能です。

よくあるカードローンの申し込み審査基準である「安定した収入」はパートやアルバイトも含まれている所があります。

もちろん申し込みをしたあと、審査を経て利用が可能となります。

申し込みの際に必要な書類は本人確認書類のみ。収入証明書や給与明細など、限度額が低く設定されているので必要ないというカード会社が多いでしょう。

審査に求められる安定した収入とは、 パートやアルバイトでもOK。

ですが、消費者金融やローン会社で、社会人になる前から借り入れ専用のカードを作るのは良いことではありません。学生のうちから債務を増やし、消費者金融へ手を出すのは少し危ない橋を渡るようなもの。まだ、クレジットカードのキャッシング枠を利用するほうがおすすめです。

クレジットカードの申し込みの場合、多くが申込者本人の厳選召集表や直近2か月~3か月分の給与明細の提出を求められます。

書類の提出が必須となっていないカード会社もありますが、学生専用カードの場合、安定した収入さえあれば審査に通過することが出来るでしょう。経験上、クレジットカードを申し込む際にウソ偽りを記入しなければ、審査に落とされることはありません。ですが、ウソの申告をすると将来的にもクレジットカードや借り入れが利用できなくなる可能性もあるので、正しく申し込みをするようにしてください。

審査基準はクレジットカード会社によって違います。

アルバイトをしているというだけで借り入れまで利用できるクレジットカード会社もあれば、保護者の同意が無ければ借り入れはできないカードもあります。

満20歳以上で安定した収入があれば、ほぼ5万円~10万円程度の借り入れ枠がつくと考えて良いでしょう。

パートやアルバイトであっても20歳以上で 安定した収入があれば、5万~10万円程度の 借り入れ枠がつくケースが多いです。

どうすれば学生でもキャッシングできるのか

安定した収入が必要なことはもちろんのこと、保護者の同意も得ておいたほうが良いですね。学生向けのクレジットカードはたくさんありますし、消費者金融やローンを専門とする会社でも学生向けのローン専用カードが発行されています。

審査の通りやすさから言えば銀行系カードローンは、年齢が大きく審査に関与します。

若いうちは不利です。

ローンは通らないと考え、クレジットカードを申し込む方も多いでしょう。

クレジットカードと消費者金融のキャッシング、比べてみると審査の通りやすさや金利、返済方法なども大きな違いはありません。ですが、学生として便利に使えるのはクレジットカードです。

借り入れができないとしてもショッピングでは利用できますし、カードを利用しているうちにキャッシング枠がついてくる可能性もあります。

カードローンもクレジットカードも 審査や金利にさほど差はないですが、 学生の場合はクレジットカードのほうが便利に使えます。

学生のうちにクレジットカードやキャッシングなんて利用しない方が良い。その考えを第一に持つべきです。

ですが、私は社会人になる前からクレジットカードの利用は悪いことではないと考えています。

賢く使えば役に立つアイテムです。

長年利用して信用を築き、滞りなく返済を続けていれば問題はありません。クレジットカードでもローン専用カードでもどのみち、10万円程度しかキャッシングはできないでしょうから。

私は大学の時に40万円のショッピング枠と10万円のキャッシング枠でクレジットカードを利用していました。通学や旅行など多くの場面で活用できましたよ。アルバイトで収入を増やしたところで、このキャッシング枠は大学へ通う間は変わりませんでしたから、まずは学生向けクレジットカードを申し込んで審査に通ることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る